You are here
用途によってもいろいろ!ネームタグの作り方

用途によってもいろいろ!ネームタグの作り方

幼児用のネームタグはフェルトなどでアップリケ風に!

幼稚園児などのバッグや服にネームタグを付けるときには、子供が喜ぶような可愛くて楽しいタグを作りましょう。使いやすいのはフェルト地です。フェルト地を車やひよこ、くまさん、ぞうさんなどの形に切って、アップリケ風のネームタグにするとキッズ用らしく仕上がります。フェルト地も、洗えるものが販売されているので、それを使えば洗濯もできて汚れても安心ですね。明るいカラーのフェルトで目立つようにすると、目印になりやすいでしょう。


野外で使うことが多いバッグにはラミネート生地で。

アウトドアやお出かけ時に使うことが多いリュックなどに付けるネームタグは、防水加工がされているラミネート生地を使って作りましょう。雨に濡れても安心のラミネート生地なら、雨の日のお出かけにも安心です。ラミネート生地は通常の綿生地などよりも分厚くて縫うのに力が要ります。手縫いよりミシンで縫い付けるほうが、付けやすいかと思われます。最近はドットやチェック柄をはじめ、可愛いデザインのラミネート生地も多数出ているので、お好みの物を探しましょう。


刺繍も素敵。ワンランク上のネームタグ

個性的なワンランク上のネームタグを目指すなら、刺繍にチャレンジしてみてはどうでしょうか。刺繍されたネームは上品である上に、マジックなどで書くのとは違って滲んで消えるようなこともありません。丁寧に一針一針縫う作業により出来上がったものは、愛着も湧くことでしょう。刺繍を施す際には、刺繍糸を2本か3本取りにして、バックステッチなどで縫っていくと良いでしょう。消えるペンなどで下書きをしてから縫えば、失敗しにくくて安心ですね。



ネームタグを作成する時にインターネットでも注文が出来ます。ネットで注文をすると、営業時間に関係なく手続きをすることが出来ます。

Related posts