You are here
性器カンジダ症は身近な感染症!もしなったらどうしたらいいの!?

性器カンジダ症は身近な感染症!もしなったらどうしたらいいの!?

常在菌なので患者さんは多い

女性がかかる感染症の中でも、特にポピュラーな存在とも言えるのが性器カンジダ症です。女性の7割近くが一度はこの病気になると言われています。他の性病とは異なるのは、元から身体に存在している常在菌が原因で起こるということです。普段は問題なく我々と共存しているのですが、妊娠中や免疫力が低下した時に症状が出やすいんです。生理前になると膣がかゆくなるのもPMSではなくて、性器カンジダ症の症状の可能性が高いです。


自然治癒するって本当?

性器カンジダ症はかゆみの程度が軽く、免疫力が低下している状態が回復すると、自然に症状が落ち着いていきます。大抵の場合は普段からの対策で予防や症状の緩和に導くことができます。下着の中が蒸れないように通気性のいいショーツを履くようにしたり、免疫力をアップさせるために栄養と睡眠をたっぷりとるようにしてください。ただかゆみがあまりにも強い場合や、おりものの状態がおかしくなった場合はすぐに病院に行ってみましょう。


病院ではどんな治療をするの?

かゆみが辛いから性器カンジダ症を治したい!という時に気を付けておきたいのが、ただカンジダ菌が膣にあるというだけでは治療の対象にはならないということです。病院に行く時には、必ず症状が出ている時に行くようにしてくださいね。病院では膣内に挿入する膣錠やクリームなどを使って治療を行います。一週間くらいしても症状が軽快しない場合は、よく似た症状が出る他の病気かもしれないので、検査を行ってより適切な治療を始めることになります。



女性特有の疾患に悩まされているなら、巣鴨の婦人科で相談する方法が最適です。カウンセリングや診察がとても丁寧です。

Related posts